2005年04月30日

昨日と同じ

昨日は夜彼女が来たのでカレーを食わせて、昨日ついでに買ってきた『塊魂』をやりました。
んで今日、彼女を仕事に送ったあと、各務原のレコ屋で『オズボーンズ2』買ってきて、
ゲームやったりオズボーンズ見たりしてスゴシタ。
当然昼酒が入ります。
やっと見れたオズボーンズ
期待した以上でも以下でもなく・・・
気になるのは、子供たちの自信過剰っぷりと、
オジーの歩き方、ふるえ。
なんであんなにノソノソあるくんだろう
すごい前傾姿勢だし。
ちなみにこのDVDには、オジーの言葉に英語の字幕をつけることもできるみたい。
英語圏のひとですら、オジーの話していることが聞き取れないのね・・・
ちょっとそれって・・・ヤバイんじゃない???
ちなみにオジーの息子のジャックはヘヴィ系が好きみたいで、
パンテラのフィルと撮った写真がチラッと写ったり、TOOLのステッカーがベタベタ貼ってあります。
あと、カイアスの曲も流れていたな
メタルな人間は、こんなことまで気にしてしまいます。
posted by menjoy at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

休みの日

自分は休みの日は基本的に何もしない。
岐阜に友達いないし、彼女も土日は仕事だし。
んで、一日中家の中で酒飲みながらグダグダしています。
外にでるとしても、特にしたいことが無いので
日ごろたまっている物欲を満たすためにいろいろ買い物をします。
今日は本屋を4件回った。
何が欲しかったかって、『山田シリーズ』。
吉田戦車の本です。
昔から大好きだったんだけれど、『学活!つやつや担任』以来吉田戦車の本は買ってない。
今連載している『殴るぞ!』がイマイチだったから。
吉田戦車はかつて『伝染るんです』で、不条理な四コマの世界を確立したのだけれど、
自ら四コマを投げ捨てて、『機械』とか『県』『学校』みたいなテーマ(足枷)を設定して、シリーズ物で勝負していた。
最初はちょっと無理だろーみたいな感じであまり面白くなかったのだけれど、
『機械』の2巻、『県』の3巻くらいからペースをつかんだのか
ものすごい話を連発するようになっていたんだけれど、
『殴るぞ!』でまた四コマ。
うーん、面白くないんだよなぁ・・・
『殴る』をテーマにしているのかどうかもよくわからないし、なんだかなぁ
でも、『山田シリーズ』は四コマかどうかはしらないけれど、ちょっと面白そう。
ちなみにこの本、4件回っても無かったので即アマゾン。
本屋なんか無くなってしまえ!

その後家に帰ってドラえもんをみてカレーを作りました。
ドラえもんの『独裁スイッチ』は、よくできた話だと思った。
でも、あれはちょっと7時の子供向けの話じゃぁないよな・・・・
自分以外の人間がいなくなったら・・・
しばらくは好き放題にやってたのしいだろうけど、そのうち電気もガスも止まって
人恋しくなって・・・死ぬでしょうな
posted by menjoy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

お酒スキー

会社の人たちと飲みに行きました。
今回は別の課の飲み会に便乗したカタチなので初めて飲む人しかいない。
やっぱ酒の席っていうのはよいなー。
自分は毎日のみに行きたいのだけれど、
そんなに金ないし、なにより最近胴回りが気になってきた・・・
自転車でもこぐか・・・
posted by menjoy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

長崎犯科帳

ちょっと前まで自分は『破れ傘・刀舟』をビデオにとってよく見ていた。
ここでの主人公は萬屋錦之介。
役柄は長崎で医学を学んだ蘭学医。
時代劇のお約束となるキメ台詞として、
『てめぇら人間じゃねぇ。たたっ斬ってやる!』という啖呵が実にかっこよい。
この人は殺陣があまり上手くないというのか、なんかもっさり。
ここまでは、いつか前に書いたんだっけ。
そうそう、破れ傘には大山のぶ代も出てきます。割とアノ声で。

んで今日久しぶりに各務原のビデオ屋に行ったら、『長崎犯科帳』のDVDがずらっとならんでいた。
自分は特に見たいDVDもなく、いろいろ吟味した結果、しぶしぶ『永遠のモータウン』だけ借りようかと思っていたけれど、コレは即借り。
だって、長崎犯科長。
舞台は長崎。当時唯一海外との貿易が許されていたところ。
だから洋テイストが漂っています。
ちょんまげどもがワインをのんだりしている。
そして、肝心なキャストは、田中邦衛。
かのシーボルトの弟子、という蘭学医。でもなんだかヒネクレモノ。
汗がテラテラ光っているような、野性味あふれるキャラです、ってこの人青大将意外が土着キャラばっかりだからな・・・
そして御奉行は錦之介。破れ傘のときよりもメイクきつめです。
この辺の設定が少し破れ傘とつながっているんだけど、破れ傘ではズボンを履いていた錦之介、
長崎〜では、表は御奉行、そして裏では表世界では裁けない人たちをやっつける正義のヒーローなんだけれど、
その裏世界の姿といえば、月光仮面みたいな白頭巾姿。
夜なのにかなり目立ちます。
んで、田中邦衛がメス及び関節技で戦うのに対して、この人はチャカ。
ピストルでバンバン人を撃ちます。
さすが長崎。
なのか???
破れ傘みたいな啖呵がないのがちょっとさみしいけれど、
そのへんは錦之介の、身分が高いのにも関わらず庶民的というかあっけらかんとしたキャラがフォローしています。邦衛もいることだし。

posted by menjoy at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

アンチソニン

金曜の夜、何となくヤフオクを眺めていて、何となくPS2を落札してしまった。
ホント、何となく。
白いPS2、16,000円。
んで、今日届く。
早速ゲオにイってはみるものの、特にやりたいゲームもみたいDVDもなく・・・
そして店頭に並ぶPS2の50000型。
13,800円なり。
あう、ちょっと先走ったか・・・
差額の2,200円は白いから、ということにしてしまおう。
黒よりも白。
ネガよりもポジ。
そうありたい今日この頃です。
それにしても、このPS2、
ネットで検索すると、何と故障の多いことか・・・・
今日届いたPS2にもご丁寧に修理依頼の用紙と、作成マニュアルが同封されていた。
しかも用紙は2部。
日本のモノ作りも完全に終わったな・・・・
ふつう、万が一故障したら、というために2枚も申し込み用紙を用意したりしない。
故障するのが前提かよ!
まったくソニーというメーカーはどうにかならんか。
この成熟した日本のなかでは、ハードよりもソフトの面が売り上げを左右しがちなのだが、それはまずハードありきの話であって、
ソフトばかりよくてもハードがまずくっちゃ・・・
ソニーすぐ壊れるもん。
ソニータイマーという言葉が存在していること自体がありえない。
どうにかならんか。

あれは大学3年?
ソニー/エリクソンの携帯が出たとき、当時の若者はそのかっこよさと機能性に惚れて続々と買い換えたのだが、
一年もしないうちにみんな壊れた。
自分も案の定壊れて携帯ショップに持ち込み苦情をいったんだけれど、
店のひとはウイルスだとか買う人がおおいからそれだけ故障も多いなんてことを言っていた。
それじゃまわりの人間のソニー製携帯がいっせいに壊れたのは???まさか本当にソニータイマーが・・・
しばらくしてバッテリーが熱を持ちすぎるということでリコールみたいなのがかかったんだけれど、なんか焦点がずれているような気がして・・・・
その頃から自分はソニーは買わないと決めた・・・はず・・・・。

でも、その後着せ替えケータイの別売りでレザーバージョンが出ていたのであっさりソニー製に乗り換えてしまった。
さすがのソニィもリコール後はちょっとは反省したのかなと思ったから・・・・
ソフトの面では強いんだよなソニィ・・・・

だからこのPS2も反省して作っていることを祈ります。






posted by menjoy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

新ドラえもん

を見ました。
思ったほど、違和感が無かった。自分としては、全然アリだと思う。
ちょっと前のドラえもんは終わってたもんなー。
ドラえもんの声は正直聞いててツラそうだったし、
しずかちゃんの顔はなんかカクカクしてたし、
なにより話が原作から離れすぎていて、作者の意図がないがしろにされている感じだった。
ちょっとイっちゃってるくらいの道徳アニメみたいだったし。
もうドラえもんはだめだ、早く終わってくれって願ってた。

んで、スタッフ一新。
新しいドラえもんで気になったのが、やっぱりあの声なんだけれど、
まぁ、昔の大山のぶ代も全然違う声だったし・・・。やたらと甲高い声してるもんな
今の子供に見せたら普通に違和感をかんじるだろう。
それを考えると、自分は今の声優を見守りたいと思う。そのうち味がでてくるだろうし、
声以外には何の不満が無いから。
最近のアニメとはちがってギラギラしてないし、
キャラクターのデザインにもものすごい気配りが感じられる。
少しまえのブログにも書いた、自分の好きな表情がけっこうでてくるし、
きっと今のスタッフは原作に忠実にやっていこうとしているのだろう。

んで、今日のやつはけっこう有名な『のろのろ、じたばた』だった。
のび太がトローンとなって、ファーファーファーというやつ。
かたつむりと競争して、負けるやつ。
原作ではクスリをのんでスピードとスローの状態になっていたんだけれど、
あの原作ののび太のキマりっぷりにさすがのスタッフもヤバイと判断したのか、
アニメではクスリじゃなくてコロンになっていました。
もう一話は、のび太が将来の自分のお嫁さんに会いに未来に行く話し。
未来の自分の家にいって、こっそり中をのぞくとそこには女の人の後ろ姿が。
まさかまさかとおもったら、やっぱりアノ顔!
まさに原作どおり!おんなじブサイクな人(ちなみにスネ夫のヨメだった)
これだけで自分はマンゾク。
来週は『どくさいスイッチ』らしい。
見ねば

posted by menjoy at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

ふと

シャワーをあびていたら、ふと、夢枕獏のことを思い出してしまった。
夢枕獏。
あの有名な陰陽師の作者。
アレが世に知れるまでは、伝奇バイオレンスという謎のジャンルの人だった。
伝奇バイオレンスとは、マッチョ&妖怪&エロスといったキーワードに彩られたSFです。
アレに出会ったのは図書館通いをしていた中学生の頃だったか。
なんか変な集団が空海のミイラを盗んで悪いことをするような話に
自分はドラゴンボール以来のスリルを味わったのです。
高校生の頃は『上弦の月を食べる獅子』という話が大好きだった。
内容といえば、宮沢賢治と写真家がらせんに巻き込まれて仏教的な世界へ紛れ込んで
悟りを得るというような話しで、手塚治の火の鳥ような仏教的な世界観や、須弥山という山を登るに連れて生き物が進化して、最後に人間になる、というあまりのスケールのでかさに感動、何度も借りては読み返し、遂には2,500円くらいのハードカバーを購入してしまった。
その佛教観に痺れた自分はその後しばらく法華経の本とかも読んでいた気がする。
あそこで一歩間違っていたら・・・ いやいや考えるのはよそう。

自分が当時どれくらい上弦の月を食べる獅子が好きだったかというと、
高校1年の読書感想文に上弦の月を食べる獅子をテーマに書いてしまうくらい好きだった。
そして学年で3人くらいしか貰えない賞を貰ってしまった。
他の人は太宰治の人間失格とかいろんな文学作品を題材にしていたのに、自分はエンターテイメント。しかも伝奇バイオレンス。
あまりの思い入れの深さに教師どもも恐れをなしたのだろう。
クラスの担任との会話で、『読書が大好きです』『どんな本を読むの?』『夢枕獏です』『あっ、あぁ』みたいにお茶を濁されて、気まずい思いをしたこともあるなぁ・・・
大学1年の時の、『好きなバンドは?』『アイアンメイデンと人間椅子』ににているなぁ・・・
今でもあれはちょっと恥ずかしいなぁ・・・
でもアノ頃の自意識過剰さを今でも持ち続けていたら、今頃はきっとアーティスト。
ふっ、ならなくてよかったなぁ。

そうそう、気になって上弦の月を食べる獅子というキーワードで検索してみたら、
いろんなサイトがでてくる。
この本とかオタさいととか。
でも、そこでヒットしたのが夢枕獏がこのタイトルを拝借した元ネタ。
たしかあとがきにも書いてあったけど忘れた。
なんか新潟には廃校を利用したミティラー美術館というインド絵画の美術館があるらしい。
しかもそこの長谷川時夫という館長がタージマハール旅行団の人。
うーん、すごいぞ、なんかつながった。
こういう自分の好きなものがつながっていると感動するなぁ。
今日はこれにて。



posted by menjoy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

重さの後のカルさ

連日連夜のドゥーム漬けに飽きたのか、
無性にサワヤカな音楽が聞きたくなってしまった。
そこで自分は嶺川貴子をかけてみる。
うーん、なつかしいじゃない!!!
ってかこの音楽性の触れ幅のデカさにじぶんでも驚く。
カイアスとかカテドラルからミネカワへ。
この人狂ってんじゃないかと思われるかもしれない。
でも、自分のなかでは同居しています。
同じ脳内の快楽を追求するものとして。

コレだけ触れ幅がでかくなったのも、あの音楽サークルのせいだろう。
だって、はいったときは、『好きなバンドはアイアンメイデンと人間椅子』
っていっていたやつが、ミネカワとか聞くんだもん。
そういったいみでは感謝しているのだけれど、
その分まっとうな人生という道からは2,3歩後退してしまった。
ま、仕方ない。
いいこともあったし。
posted by menjoy at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

重い重い

久しぶりの書き込みです。
ほんとはもっといろいろ書きたかったんだけれど、最近シーサー重くって・・・
更新するのにものすごい時間がかかってしまうのでメゲてました。

重たい音楽ブームなのはまだ終わってなくって、最近クルマではKyussしかきいていないなぁ。
Kyussと書いてカイアスと読みます。キュスでも急須でもなくて。
カイアスはQueens Of The Stone Ageの人が昔やっていたバンドで、
あのメタル雑誌ではストーナーロックのカリスマに祭り上げられています。
でもこのカイアス、よく聞くと全然メタルじゃないとおもう。
サウンドガーデンに近い感じの轟音、グランジだと思う。声も似ているし。
この手の音楽にしては轟音なのにピンクフロイドの影響が感じられるから不思議。
わかる人にはわかるんだけれど、エコーズの中間のインストパートみたいなノリがある。
あの縦割りのベースとドラム、ディレイのかかったファズギターが気持ちいいんだよなぁ。
音の感じも非メタルチック。ディストーションではなくてファズ。
あんな音が出せたら気持ちいいだろうなーって思って、ハムのギター欲しい病にかかっています。

posted by menjoy at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

ベリベリベリー

朝、昨日作ったカレーをパンにつけて食べる。
仕事。夜9時まで。
帰宅。ポストに不在通知。
郵便局に荷物を取りに行き、帰りついでに品物の代金を振り込む。
ブツはブルーベリー。
というのも、最近オラの目は悪くなる一方。
視力をチェックしてもある一定の視力までしか度が出ない。
そこでブルーベリー。
同梱してある冊子のウンチクを読むだけで効きそうな気がする。
コンビニで買う金額の5倍はするから効いてくれ。

通勤の音楽:Orange Goblin
帰宅の音楽:Kyuss
家の音楽:Cathedral
キーワードはドゥーミィ。
ブルーベリー買ったとこの社長が書くとDo夢になるのか
きもちわるい。


posted by menjoy at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

銅鑼衛門

あれよあれよというまにもう4月です。
最近は何をしていたのだろう・・・?
最近どらえもんを3冊買ったのでその報告でもしよう。
まずは、ドラえもんプラス1巻。
これは45巻までしかでていなかったドラえもんの新刊です。
つまり46巻、ということなのだろうけど、Fが監修していないのでこういう形になったみたい。
でもこれって、45巻全部持っていてもっと読みたい人しかこのありがたみはわからないのではないだろうか???
当然自分は持っているはずも無く、なんとなくコンビニで買いました。
内容は相変わらずです。

次はドラえもんカラー作品集5巻。
ドラえもんのカラー作品集がでていたなんて知らなかった。
しかも今回のやつは初期の未発表作品を集めたものらしいです。
でも、初期のブクブク太ったドラえもんの話は一話のみです。
ハナシは初期らしくちょっとカオスなギャグ漫画です。
そうだよなFは少しくらいキレてたほうがおもしろいもんな・・・

さいごはコンビニの通称ビニ本。
21世紀ではビニ本というのはエロ本ではなくてコンビニに売っている安っちい漫画本のこと。
これはおまけのドラえもんキーホルダーにつられて買ってしまった。
内容は相変わらずです。

相変わらず、という意味について説明すると、別に面白くもなんとも無い、
ものすごくドライな感じではなく、相変わらず癒される、という意味です。
もう自分は話の内容なんて興味が無い。
自分は、ドラえもんのガタガタでけっこうザツな顔の輪郭とか、
アニメで知っている彼らには見られないさまざまな表情、
例えば(´u`)こんなふうなスヌーピー風の目とか
ジャイアンの(θ・)こんな目(わからんな)、(・з・)こんな口、
見たいなやつにヤラレテしまうのです。
別に一コマずつ凝視するわけではないんだけれど、
こんなのがなーんとなく読んでいくと目に付いて
癒されてしまうのです。
posted by menjoy at 20:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

続、どうぅーーーーむ

うーん、エレクトリックウィザードを聞いてみた・・・
ちょっとコレはキツいな・・・
メルヴィンズも音がメタメタのメタルだなぁ残念・・・
カテドラル、やっぱりダサいなぁ・・・
でもたまにすごくかっこいいところが憎い・・・
カイアス、かっこいいけどアルバム通して聞くのは大変だ・・・
オレンジゴブリン、これはけっこうかっこいいぞ!
ブルルン!ってばいくみたいなドラムだ!
でももうちょっともっさりしたリズムの曲も聴きたいな・・・
フーマンチュウ、これもノリノリすぎるぞ・・・
スピリチュアルベガーズ、うーんちょっと声が暑苦しいぞ・・・
ってなわけでまだまだマイベストオブどぅーむ/ストーナー探しはつづくのです・・・


posted by menjoy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。