2005年05月01日

グァバ!

自分のフェイバリットドリンクを紹介します。
050501_2321~0001.jpg
グァバ!!!
メイドイン沖縄!
南の楽園というコピーがついていますが、うん、この味は楽園の味でしょ
林檎とか西瓜とか苺みたいな温帯の味ではなくて
南国の果物というのは、その気候のせいなのか、味が濃厚。
クダモノ、というよりは果実。
このグァバという果実も、わりとマイナーな部類に入るんだろうけど
自分は昔からけっこうコレには親密で。
というのも、愛知県の家の近くに、オリエンタルの自販機があって、
グァバのジュースが売っていたし、
母親の実家の徳之島にいくと、グァバの木が普通にあった。
自分はコレをたまたまビレバンでみつけて買ったんだけど、
外国とか南国の食べ物が売っている店に行けば、多分買えるでしょう。
果汁20%のネクター系なので、あのドロッとした感じが好きな人は一度お試しあれ。
ネクター系っていうのはいいよ〜
自分はたまたまジュースの製造に関わっているのだけれど、
ネクターをつくるときは、ドラム缶いっぱいに果汁が入っていて、
それがものすごくいい香りするんだよな〜。
ジュースはいいから、そのドラム缶に入っている果汁を飲んでみたい。
あと、コーヒーを挽いたときも、ものすごくいい香りがする。
こんなにいい香りがするのに、製造工程の中で、
脱脂粉乳とか液糖とかカゼインとかいろいろ入れられてしまう。
もったいないよな〜。


今日は塊魂ばかりやっていた。
身近にあるいろんなものをくっつけてデカくなる、っていう
単純なゲームなんだけれど、
最初は5センチとかからはじまって、
さいごには300メートルにまででかくなってしまう。
あっそうそう、人も巻き込むことができます。
オバサンなんかはギニャ〜って叫び声をあげるんだけれど、
子供はなぜか笑っています。
この巻き込まれた人たちは空の星にされてしまう、つまり死ぬんだけれど、
なぜか良心が痛まない。
殺人という実感が無い。
というのも、制限時間内に、目標の大きさにするために自分はなるべくたくさん巻き込まなければいけない。
といえばなんか言い人そうだけど、実際人をたくさんまきこむのはけっこう気持ちいい
朝礼中の学校に乗り込んで、逃げ惑う学生たちを次から次にくっつける。
怪獣と戦っている正義のヒーローをくっつける。
このゲーム、名作です。
7月に続編が出るらしい。
買わねば。



posted by menjoy at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。