2005年08月01日

かっこいいロック

ルーリードのライブインイタリーを聞いている。
スピーカーの設定は右の音が8割で左チャンネルはかろうじてステレオの音響を保つレベルに抑えてある。
右チャンネルから聞こえるギターはロバートクワイン。
元祖パンクロッカーのリチャードヘル&ヴォイドイズでギターを弾いていた人。
リチャードヘルのファッションはその後ピストルズに真似されて、ロンドンパンクの基本になったのだけれど、ロバートクワインさんのファッションは誰も真似しない。
サングラスにスーツ、波平みたいな髪型。
そりゃぁちょっと・・・。でも、禿げててもなぜかカッコいい。
彼のギターはストラトかテレキャスがメインで、そのせいかニュアンスがものすごく生っぽい。
バッキングはほとんどクリーンに近くて、ソロの時だけブーストしてちょと歪むけれど、
そのクリーントーンには魂が宿っていて、それだけ聴いていても飽きない。
ソロといえば、ロックって勢いだぜ!みたいな脱線、痙攣したようなプレイをする。
ここぞ、って時にはエレハモのメモリーマンでかるーくダブリング&ヴィブラートぐわんぐわんに揺らして、ものすごくスリリングなソロを取る。
聴く人によっては、めっちゃへたくそやん!とか言いそうだけれど、この人が出す音に適当な音は無い。すべて彼のコントロール下に置かれている。
自分もちょっとはギターを弾くのだけれど、こんなにカッコいいギターが弾けたらなぁなんて思う。
でも、クリーンに近いセッティングでデカイ音を出すというのはほとんど裸に近い感じで、ちょっとしたミスも目立つのでなかなか弾けない。
それくらい自分は下手糞なのだけれど、ロバートさんは憧れるギタリストです。

彼が奥さん亡くした寂しさで麻薬に走って、61歳で死んだのは1年と3ヶ月前。
彼の一生を追っていたわけではないのでなんともいえないけれど、
その頃に立った2ちゃんのクワインスレがまだ生きているのがちょとうれしい。

きょうはちょとロックなことについて書いてみました。
ほんとはNHKの集金にビクついて玄関のチャイムがならないように小細工してるのに。

posted by menjoy at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。