2005年08月17日

久しぶりに

中島らもの本をまた読んでいる。
彼女のお母さんがこないだ、中島らもの本ってすごく面白いよね、といったので
とりあえずアパートに自分のもっているらもの本をすべて引き上げて読み直しているのだ。
自分の面白かった本から順に貸していこうと思う。
一日一冊のペースで本を読む活字ジャンキーでもらもの本は面白いのか・・・
いや、今風の小説というかドラマとはちょっとはなれた世界だから・・・

パブリックイメージの彼は、ある中でラリっててヨタヨタで異様なほどに喋りが遅いという
とてもかっこ悪い姿。
彼の紡ぎ出す物語は時に下品だったり大阪のコテコテなギャグだったりするのだけれど
でもときたまものすごくキレイでセンチメンタルな言葉を綴る。
クスリで感覚がすべて麻痺しているようでいても、食べ物の味わいなんかの表現はものすごく繊細でディテールに凝っている。
悲哀がただよっているけれどものすごく愛に満ち溢れた言葉を生み出す。
ふいにでてきたこういった言葉で痺れた人は中島らもにアディクトしてしまう。

今日はめずらしく無音で生活している。
テレビはついているが消音。
海がテーマのおんがくを作らなくてはならないので他の音が邪魔になるから。
でもできないんだな、曲って・・・
posted by menjoy at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。