2006年08月09日

ずっきーん

昼休みにガムをくちゃくちゃ噛んでいたら、ズキンと痛みが走った。
・・・・遂にきたかぁ。
というのも、2,3ヶ月前に肉を食っていたら、ひょんなはずみで
歯のかぶせ物が取れてしまった。
でも、痛くなかったので、てっきり神経抜いてあるものだと思って
メンドかったのでほったらかしにしていたのです。
しかし痛い。
涙が出てくる。
話すこともしんどい。
とりあえず一番効くのである意味ヤバイづつう薬
ナロンエースをのんで急場をしのぎました。
しかしこのままでは薬が切れたら再び痛みにもだえる羽目になる。
仕方ないと思ってタウンページで歯医者を探しました。
職場から近いとこ・・・と探していたら、名鉄岐阜駅の向かいに歯医者があるのを発見
すぐさまTELして夕方に予約取りました。

仕事を定時であがって歯医者に駆け込む。
ここは・・・・・
何もかもが30年前のつくりの歯医者だった。
待合室の感じがかなりグッとくる。ヤバイ。狙いすましたかのような昭和テイスト。
こんなのありえんよなぁと思って初診手続きをとる。
受付の人は30代かなぁ、微妙にぶさいくだけれど昭和のエロスを感じる。
で、診察台に案内されてさらに愕然とする。
機械も30年前のものだ。仕切りの板とかもすべてが昭和。
流れる音楽が、J-popのオルゴールバージョンのやつで、場末のスナックにあるカラオケのような感じ。
突然切り替わって昴とかが流れそう。
診察室に入ると待っていたのははギャルっぽい人で、まるでAVのような世界。
一瞬どきっとするも、逆になんかすごい不安を感じる。
『椅子倒しますねー、あれっ、あれ?』
操作に手間取っているようで、僕の体はどんどん逆エビに反っていった。
本当に大丈夫なのか???・・・不安がよぎりまくる。
歯の状態をチェックする時も不慣れな感じ。
新人さん・・・ですか???

果たしてこの人に僕の歯は削られるのか、と思っていたら、でっぷりとした歯医者さんが出てきて交代しました。
ほっとしたけどちょと残念のような・・・・
腕毛がすごかったけれど、治療はものすごく丁寧でした。
丁寧すぎてまどろっこしくなるくらい、丁寧。
ハズレじゃなくってよかったぁ。

治療中、急いで歯を磨いていたため、自分の口臭が気になっていたのだけれど
治療後の説明をするためにマスクをとった歯医者さんの口臭の方が臭かった。
気分悪かったけれど、なんか安心した。


posted by menjoy at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思わず笑ってしまいました。
この記事は殿堂入りですね。

あと結婚宣言、遂に来ましたね。
新居にお邪魔したいdesu。
Posted by ふぁなに。 at 2006年08月11日 00:59
殿堂入りなのかぁ・・・?
文章下手でさ、描写というかなかなかふくらますことができないんだよねぇ。

兄のページにあのベースがのってたよ。
新居は海部郡で9月にひっこすよ
遊びにきてね!!!
Posted by joy at 2006年08月12日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。