2005年10月02日

サカナ三昧

昨日の夜親から電話がかかってくる。
妹夫妻もくるのでオマエも帰ってこいと
というので彼女を連れて実家に行きました。

彼女を妹夫妻に紹介するのは初めてで
彼女はなんだかふにゃふにゃしている。
緊張するとふにゃふにゃするみたいで変な三重弁が出ている
大丈夫だろうか・・・

食卓にはハマチ、真鯛、カワハギの刺身とか
カサゴやカワハギの煮付け、大根と昆布の煮物やサラダ
そしてなぜかケンタッキーフライドチキン。
サカナは父が2日かけて釣ってきたものらしい。
父は釣り好きアンド肉キライなので、昔からサカナばっかり食べてきた。
若い頃は肉食いたい病が出てヒステリーをおこすこともあったけど
さいきんはこうあっさりした和食系が恋しくなるのです。
なんか、肉塊にがぶりとかみつくよりも
秋刀魚やらカサゴの焼き、もしくは煮つけ
骨を取り除きつつちまちまと食べる方が自分にはあっている気がします。

食事会は途中イトコ夫妻も加わって、妹夫やイトコ妻のキャラのあまりの濃さや
母のミラクル級の天然ボケがサクレツしまくって
笑いすぎて吐きそうなほど楽しかったです。

でもちょっと心配なことが・・・
刺身醤油とソースを間違えたり、お茶と作り置きしただし汁を間違えて飲ませたりする母。
家のことをいちばん知っているはずなのに大丈夫だろうか・・・




posted by menjoy at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼくは前妻に得体の知れないまずい魚を食べさせ続けられたので少し苦手です。
なんか小骨ばかりで食べるとこも味もほとんどない魚族でした。
Posted by すこ at 2005年10月03日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7620208

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。