2005年10月13日

テレビジョンとか

スコットさんのテレビジョン熱がうつって自分もテレビジョンばかり聞いています。
マーキームーンは引っ越し祝いに泥のホンダくんがくれたリマスターのやつがあります。
もとからもってたCDはけんくんにあげてしまった。
ずいぶん聞き込んだCDだけどけん君はきいてくれているのかな・・・
リマスター盤は音もジャケのつくりもテレビジョン愛がこもっていてすごくよいです。
マーキームーンというアルバムは惚れた人にとっては死ぬまでもっていたいアルバムになるだろう
トムさんとリチャードさんのギターは超テクいわけじゃないんだけれど
あのハーモニーであるようなないようなからみとか
コードをジャーンと鳴らさずにアルペジオにしたりとか
キュイーンっていう泣きではなくてもっと神経症的なしびれのようなビブラートとか
感情の起伏とシンクロしたかのような、時には流暢でまたあるときにはどもった
もしくはストレートではなくてためらいがちに発せられるソロとか
なんか自分にとってはものすごく崇高な音なんですよ
なんか音楽に自分の存在意義を見出そうと苦戦している人にしかだせない
祈りのような音なんですよ
それにくわえてジャズ上がりだろうかという変態なドラムがからんでいて
すべての音を捉えようとすると脳ミソが頭蓋骨から離れていくような、
そんなぼわーっとした浮遊感にくらくらしてしまいます。
歌詞にしても自分たちは日本人なので直接的に歌詞が伝わってこずに
どうしても翻訳を通じてしか唄っている意味はわからないんだけれど
このフランス不良文学のやけたけの美学っていうか
絶望的、時ときには?マークが浮かんでしまうような退廃的でシュールな歌詞。
ほんとにづごいよなー
いまはアウトテイク集をきいています。
ヘルさんのブランクジェネーしょんはヴォイドイズよりもゆるいです
ヴォイドイズヴァージョンはクワインさんの世界で最高のギターがきけるんだけれど
これはこれでかっこいいです。

ようとながくなる



posted by menjoy at 00:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウクライナ戦見ながら寝てしまった。テレビジョン、なんでアメ研時代にはまらなかったんだろう?たぶん好きな人他にもいたよな〜って思う。2ndも少し前に紙ジャケのを購入しやした。
Posted by 須古人 at 2005年10月13日 03:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8050955

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。